2014年10月20日

コミュニケーションのレベル

コミュニケーションについて勉強していた時、
APの大先輩に教わり、
大いに納得した事がある。

それはコミュニケーションのレベルの話。

1.『出来事』を伝え合うコミュニケーション
   ↓
  『ニュース』レベル

朝、近所の方と
「おはようございます。昨夜の月はキレイでしたね。」
というかんじ。

家の中での会話でも、
「今日は飲み会があるから、夕食はいらない。」程度のもの。

2.『考え方』を伝え合うコミュニケーション
   ↓
  『会議』レベル

テレビを見て「これはおかしいよね。」とか、
「これはいいよね。」「ありえないよね。」など、
考え方を伝え合う。
少し進んだコミュニケーション。

3.『気持ち』を伝え合うコミュニケーション
   ↓
  『深い』レベル=『真のコミュニケーション

APを学び、コミュニケーションを学びこのことを実感している。
「気持ち」を理解することの大切さ。
その「気持ち」を通い合わせる事こそ真のコミュニケーション。

ところが、さまざまな人間関係の中で、
相手の気持ちを聞いていないし、
自分の気持ちを表現していない。

家族中でも、自分の気持ちを表現するように促されて来ただろうか。
「何を考えているのか?」は聞かれた気がする。

けれど、気持ちはどうだっただろうか。
全く聞いてもらえなかったわけではないけれど、
両親が良しとする結末があって、
私がしたいことがダメなときの「私の気持ち」など
聞いてもらえなかったように思う。

聞いたってできないんだから我慢しなさい。
お父さんの言うことは間違いないんだから素直になりなさい。

そう、私は「いい子」だった。

でも、私の中にもうずまく気持ちがあり、
今思えば、どんな気持ちも聞いてもらいたかったのだとわかる。

APを学び、コミュニケーションを学んだからこそわかる「気持ち」を聞く大切さ。

「気持ち」こそがその人の「人格」そのもの。
その人を大切にするということは、
その人の「気持ち」を大事にすることだ。

今、家族と接していてこのことは常に基本にある。
そうしていると家族との関係がとても良好になる。
思春期であってもその関係は、バッチリだ。

 
 



posted by つるちゃん at 20:58| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。