2013年06月14日

お金と上手につきあうとは?(その2)

お金に関するネガティブなイメージについて考えてみた。

育つ過程でよく言われた言葉は、
「お金のことを考えるのははしたない(いやしい)こと」
「子どもがお金のことを考えなくていい」
「お金より大切なものがある」
「お金がすべてではない」
などだ。

私なりに考えてみて思い当たったのは、
『お金は自分の【欲】を満たすもの』という考え方だ。

そういうふうに考えているのならば、
お金のことを考えるのは「はしたない」ことであり
「いやしい」ことであると言われるのもわかる。
子どもにお金のことを考えさせたくないのも納得できる。

けれど、何かを「欲する」という感情は、
誰しも抱くものだし、
悪い感情ではない。

別の視点から考えると、
人間の欲を満たすことを一生懸命考えたからこそ、
今の世の中がとても便利になったということもできる。

どんな感情もそういう気持ちになること自体は、
悪いことではない。
ただ、それをどうコントロールするかが大切。

「欲しい」という気持ちに向き合いながら、
現実的な「金銭的な状況」と折り合いをつけていくことができれば、
それこそが、お金と上手につきあっている状態だろう。

家族が幸せになることを【欲する】のは、
とても大切な気持ちですよね、みなさん。
posted by つるちゃん at 23:20| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。