2012年10月19日

無条件の愛情とお金の勉強

子どもが健全に育つために最も大切なのは「自尊感情」。
そのためには、親が子どもに「無条件の愛情」を注ぐことが必要になる。
APでいう、「勇気づけ」だ。

誤解をまねかないようにつけ加えるとすれば、
無条件の愛情を注ぐということは、
子どもの言葉に「無条件に従う→言いなりになる」ということとは全くちがう。
子どもの気持ちを大切に扱うということだ。

多くの人は親は当然「子どもに無条件の愛情を注いでいる」と思っているだろう。
ところが、ほとんどの親は「条件付けの愛情を注いでいる」と私は思う。

特に「お金」がからむとその傾向は顕著になる。

大人の社会では、
「お金を払う」ということは、
その見返りに何らかの「価値を受け取る」ということだ。

同じことが子育ての現場でおきてしまう。

塾、おけいこ、こづかいなど、
年齢が上がるにつれて金額が大きくなるこれらのことに必要なお金を子どもに渡すとき、
ついついその見返りを期待してしまう。

子育ての現場で「お金」を使うときに、
見返りを求めることは最大級の「条件付きの愛情表現」だ。

これでは、子どもの心をそこなってしまう。

子どものために使う「お金」は「無条件」に出す。
ただし、「無制限」には出せない。
親のライフプランニングの中で限られてくる。
生活そのものを圧迫してしまうようなお金は、
いくら子どものためとはいえ出すことはできない。
だからこそ、親は長期のライフプランが必要なのだ。

老後までの見通しを立てた上での教育費の捻出をすることで、
安心して子どもへお金を出すことができる。

そして、出したお金の範囲内で、
「何を選択するのか」は、子どもに任せよう。
「お金を出すんだから口も出す。」はちがうと思う。
それでは、子どもの価値観が育たない。

ただし、親として疑問に思うことや、
納得のいかない時にはそのことを話し合える関係が大切。

親も子も、「お金の勉強」が必要なのだ。
posted by つるちゃん at 23:49| 福岡 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です!スペインギターの後輩で、今日お世話になりました中村です!

今日は本当にありがとうございました(´・_・`)!
実はわたし親と縁を切るにまで至っています。

今日お話しをさせていただいて、本当に本当に心強かったです。

来年家庭の事情でわたしはサークルを辞めなければならないので、OB会に入れるかはわからないのですが、これからもこの出会いを大事にしていければと思います(;_;)

もし入れるのなら是非入りたいのですが (´・ω・`)

あと一週間頑張ります!

本当にありがとうございました!


Posted by 中村舞佑子 at 2012年12月16日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。