2012年04月01日

お金の話と性の話

親が子どもと話をするときに非常に困る話題は、
「お金の話」と「性の話」。

どちらも子どもから問いかけられると戸惑い、悩み、
「そんなことは子どもが考えなくてもいい!」と言ってしまったりする。

生きていくのに非常に大切なことなのにもかかわらず、
まともに向き合えないのはなぜなんだろうと考えてみた。
 
それは、自分自身が「丸裸」にされるような感覚に陥るからではないだろうか。
知り合いに年収をあからさまに聞くのは、
相手を「丸裸」にするような気持ちでとても聞けない。
また、人から年収を聞かれるのも「丸裸」にされるようでドキドキしてしまう。

最近「性教育」は、
学校で基本的な部分は授業で教えてもらっている。
もしも家庭で話ができなくても最低限のことはならってくる。

一方、「お金の教育」はどうだろうか。

学校で「お金の話」をするのはタブーだという雰囲気はまだまだ根強くある。

一部の学校では「金銭教育」や「金融教育」として
取り入れられていたりしますがまだまだ少数派。

家庭の中でも十分な教育はされていないように思う。

何より「お金の教育」は家庭でするもの。

学校では「経済」という観点での話になると思う。

「お金の教育」と言っても人によって思い浮かべるイメージがとても違うように思う。

私がめざしているのは、
「自分にとって必要なもの、価値的なものがちゃんとわかり、
優先順位をつけてお金を使いこなせるようになること。」だ。

それは実際にお金を任され、
自分で考えて選択をし、
その結果を引き受けることでしか身につかないと思う。

家庭の中だからこそ、失敗も許される。

子どもの時の失敗は小さいけれど、
大人になってからはその何倍も大きなものになる。

自分が大人になって「お金」で失敗した経験を思い出し、
子どもの時から、ちゃんと考えて行動できるようにさせたいものだ。

そのためにも親があれこれ「指図」するのではなく、
与えられたこづかいの範囲内で本人が自由に「選択」することが大切。

親の覚悟も試されるのだ。
posted by つるちゃん at 23:41| 福岡 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりですっ^^
って覚えて貰えているかどうか自信も無いのですが。

娘も中学生になりまして
そろそろかなぁと思い始めておりまする
つるたさんの感覚では遅い方だとは思うのですが・・・ぅぅ。

先日の体育大会で久しぶりにお譲さまも拝見しましたよ!
なんか・・・すっかり大人びていらして❤

またゆっくり会えたら嬉しいです〜
ではでは☆


今年はワタシも久々に学年委員ですっ!
鶴田さんのお名前見付けて、嬉しかったのです♪
Posted by きゃん at 2012年05月29日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。