2012年01月09日

今年のテーマ『お母さん。今すぐ子どもとお金の話をしてください。』

今年、一番の私の課題は『出版』。

そして、そのテーマは『お母さん。今すぐ子どもとお金の話をしてください。』ということ。

高校での講演を通してそれは実感していること。

大切な場面で親子で『お金の話』ができないばかりに夢がこわれてしまうことは多くある。

親は子どもに『お金の心配』をさせたくない、あるいはさせるべきではないと考えている。
けれど子どもは親が言わなくてもわかっていたりする。

けれど『お金』のことは子どもの力ではどうしようもない。
親の方からちゃんと話す覚悟をしていなければいけないこと。

そこを話せなかったために、大事な進学費用のことが後回しになり、
結局、子どもの進路実現に大きな悪影響を及ぼすことになる。

また、思いがけなくふりかかった経済的な困難な状況で、
親だけが頑張った結果、子どもに最大級の悪い結果がついてくることにもなる。

ある大学で聞いた話。

授業料が滞っている家庭に連絡を入れた場合、
「このことを子どもにだけは話さないでください。」
と保護者が言った家庭の子ほど退学していくということ。

逆を返せば、親子でそのことについてきちんと向き合って話ができれば、
解決の道はあるということだ。

それは、ファイナンシャルプランナーとしてもそうだろうなぁと思える。

けれど日本人は、
「子どもにお金の心配をさせてはいけない。」
「子どもとお金の話なんかするものではない。」
という強い思い込みを持っている人が多いのも事実だ。

日本という資本主義の国で生きていくのに『お金のこと』は切っても切り離せない。

そんなに大切なことを親子で話せないというのは本当におかしな話。

生きていくのに大切なのは『お金』だけではない。
けれど、『お金』がなくては生きていけないのは明らかな事実。

だとすれば、きちんと『お金』について学び、
親子であるいは家族で、夫婦で、
『お金』のことをちゃんと話せるようになることはとても大切だと思う。

昨年後半から講演会でテーマにしていることだ。

今年はさらにパワーアップして伝えていきたい。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このブログを読んでいつも勉強させて頂き、今年も楽しみにしています!
昨年11月に参加した「子どものお小遣い」についてのワークショップを参考にさせていただいて、我が家でも子どもたちとお小遣いや被服費について話し合い、1月から新しいやり方を実行しています。まだまだ始まったばかりでうまくいくかわかりませんが…継続できるようにがんばります!!
このテーマは、たくさんの人が知りたいけれどなかなか聞けないテーマなので、出版や講演会でのご活躍を応援しています。
Posted by ヤミー at 2012年01月12日 21:58
ヤミーさん、コメントありがとうございます。

11月のワークショップ、参加してくださったんですね。
さっそく実行されているとのこと、素晴らしい。
わかっていることと、できることは、全然別の話。
すぐに行動できていることは本当に頭がさがります。

どうぞ頑張ってください。

私も、今年は昨年以上に頑張ります!
Posted by つるちゃん at 2012年01月13日 00:59
今年もよろしくお願いします!
先日「相続」のお話を少しした後で、義理のお兄さんがご実家の名義人になっていて…
という話に遭遇しました。どこにでもあるのですね、庶民の「相続」の話。。
とはいえ、やはり今のところは進学資金のことが一番気になります。
まだ夢の段階なので話ができているのかもわかりませんが、
大学進学する場合、大学院まで行きたかったら?などの話題の時に必ずお金の話も出来るのは、
鶴田さんとの出会いが大きいです。
「出版」を考えておられるのですね。応援してます♪
Posted by 美すまいる at 2012年01月18日 10:49
美すまいるさん、コメントありがとうございました。

『出版』
宣言して自分を追い込んでいる感じです。
実現するよう、頑張ります。
Posted by つるちゃん at 2012年01月20日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。