2011年01月29日

懐かしい友人との飲み会

今日は、仕事がひとつキャンセルになり、
昼間は比較的、ゆっくり過ごす。

夜、懐かしい人達との飲み会が入っていた。

この家に引っ越す前は、室見団地に住んでいた。
その頃は上の子たちも小さく、
子育て真っ最中のママ友と色々なことをしていた。

そんな流れで運動音痴の私がソフトバレーをやっていた時期がある。

毎週木曜日の夜、夕食後の2時間ほどを小学校の体育館で過ごした。

硬いバレーボールと違って柔らかいので参加しやすい。
経験もなく、運動音痴の私をメンバーはたくさんフォローしてくれた。

その頃、汗を流していたメンバーと久しぶりに再会した。
もう、子どもたちは成人している人ばかり。

私の次女が一番若い。

結婚の報告あり、
おばあちゃんになった報告ありだったけれど、
みな、あの頃と同じ陽気さ。

いまだにバレーを続けているのは集まった7人のうち、1人だけだった。

けれど寄る年波には抗えず、
色々と抱えている病の話にもなる。

「みんな、健康第一だね。」ということでお開き。

寒い夜だったけれど、
夫がお迎えに来てくれて、
方向が同じ人を、みな送ってくれた。

サンキュー!
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

早良区・地域支援課主催・市民企画講座(その1)

今日は、早良区地域支援課主催の市民企画講座、
『あなたの子育て応援講座』の1回目。

『「大人(親)」と「子ども」どこが違うの?
〜日頃の親子関係を見つめ直す〜』

講師はリーダーの金子左代子さん。
サポートとして6人のリーダーが参加している。

この講座の参加希望者はなんと55名。
定員は40名となっていたけれど、
全員、受け付けましたと担当の方が知らせてくださった。

とてもうれしい状況だけれど、
その分、我々の力も問われる。

何度も何度も話し合いを重ねて作り上げたシナリオ。

司会は、吉田さん。
いつも通りの名調子。
APの紹介とアイスブレーキングもスムーズに終えて、
いよいよ金子さんにバトンタッチ。

彼女は壇上に上がるととても良い笑顔で、
ゆっくりと話を始められた。

「あ〜、ドキドキする!」と直前まで言っていたのが嘘のようなその落ち着き。

ついつい早口になる私は大いに見習わなくてはいけないところ。

グループワークにはリーダーが1人ずつ入る。

投げかけられたテーマに沿ってメンバーの意見を吸い上げる。
出された意見は、各グループに入ったリーダーが発表する。
私たちも参考になる意見がたくさん出された。

ドキドキの時間はあっという間に過ぎた。

今回も終わって話しかけられる。

何と、以前に生協で私の話を聞いたことがあるという方。
お顔に見覚えがあった。

金銭教育の話を聞きたいとのことで、
城南市民センターのご案内をした。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
夜、SMIのベーシックプランナーズ。

夕食の準備をして出かける。

先月末になかったので、
1月はなんとなくしっくりいかなかった。
まだまだ心構えが足りないな〜と反省する。

1月のふり返りと2月へ向けた行動計画。

2月から3月にかけての新しい取り組みを成功させること。
また、次女の学年末テストに向けて、
最大限のサポートを心がけること。

その他、やろうやろうと思っていてやれていない、
あのことやこのこと。
ちゃんと書くことでやれそうな気がするから不思議。

私と夫の誕生日がある2月。
より良い1ヶ月になりますように!
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

家庭教育支援者養成講座(その1)

今日は、古賀市教育委員会主催の、
家庭教育支援者養成講座(ステップアップコース)の1回目。

『子どもが思わず話したくなる聴き方
〜より良い親子関係を考える〜』
と題して2時間、講演する。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
将来をになう子どもたちにとって、家庭での教育はとても大切です。
そして、親が安心して子育てをしていくには、地域のみなさんのサポートは欠かせません。
そこで、現在、子どもに関するサークル・ボランティア活動をしているみなさん等を対象に、
ステップアップコースを開催します。
是非、ご参加ください。
(参加者募集チラシより)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

20名ほどの方が参加されている。

みな、熱心に耳を傾けてくださった。

前半は、『自尊感情』を中心に話をする。
後半は、少しアイスブレーキングをしたのち、
『コミュニケーション』の話。

参加者は、日頃から積極的に学んでおられる方が多いように感じた。
基本的な話はどこかで学んでおられる様子。

ただ、それが定着して、日常的に使えるかどうかは別の問題。

その点に気づいておられる方もいらした。

アンケートもしっかり書いていただいて、
うれしく思いながら家路に着く。

来週は『金銭教育』をテーマに話す予定。
楽しみだ!
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

城南市民センター・1回目

今日は、城南市民センターの子育て講座、

『今日から、あなたの子育てが変わる
思春期を乗りきる!!子育て仲間づくり講座』
の1回目。

『子どもの勉強、進路が心配な時
〜親がすべきこと、してはいけないこと〜』
と題して、APトレーナーの吉田有子さんが講座を行う。
私は今日の司会をすることになっている。

開始の挨拶は城南市民センターの担当の方。
続いて私にマイクが渡される。

ご挨拶のあと、APの紹介とアイスプレーキング。
グループワークに入る前に緊張を少し解いてもらうためのもの。
今日は、バースデーチェーン。
簡単なゲームだけれど、みな楽しそうに取り組んでおられた。

講座はベテランの吉田さんなので、
私ともう1人のサポートリーダーの金子さんは、
必要に応じて動く。

会場の机と椅子の関係で、
グループをわざわざ作らず、
必要な時には、前列の人に後を向いていただいて、
グループを作った。

とてもスムーズに行く。

グループワークのあと、少し会場から意見を吸い上げる。
吸い上げるのは司会である私の役目。

みなさん積極的に話してくださった。

あっという間に2時間が終了。

終わって声をかけてくださった方がいらした。

何と、私立幼稚園連盟の講演会に出席していらした方。
早良の講座にも出席の申し込みをしてくださっているとのこと。
APのオリエンテーションも希望をだしていらっしゃる。
こういう方がいらっしゃると本当にうれしくなる。

明後日は、早良のセミナー。
今日の午後、その打ち合わせに充分時間をかけた。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

福岡市私立幼稚園連盟 母親学級講座

今日は、福岡市私立幼稚園連盟主催の母親学級講座。
『より良い親子関係と心を育てる金銭教育』という内容で1時間半の講演会。

会場は西新にある幼稚園連盟のセンター。

打ち合わせも何度かしたけれど、
当日になるまで何人集まるか全くわからないという。

年回5回の講座があり、今回の私の講座が最期になる。

講師の中には今、ひっぱりだこの「内田美智子先生」の名もある。
内田先生の時には300人を超えるお母さんたちが集まったとのこと。

少ない時には2〜30人の時もありますと言われちょっとドキドキして会場入り。

ところが参加人数はかなり多くて、
100人以上の人が来てくださっていた。

今回の司会担当は博多南幼稚園の園長先生。
私と同じ年頃の子どもを持つお母さんでもある。

講演前に控室でお話をしていると、
「私の子育てで唯一失敗したと思うのが、
子どもに金銭感覚を育てられなかったことです。」
とおっしゃった。
「今日の講演は私が楽しみにしていました。」とも。

いささか、プレッシャーを感じながら会場へ移動。

あっ!APの受講生の方がお2人、ニコニコと会釈をしてくださった。

初めての内容を含むので、ここ数日、何度かリハーサルはしたものの、
時間配分が若干ずれる。

金銭教育に入る前に、休憩も入れる。

通常話している2時間より30分短い時間。
少しでも余計な話をするとあっという間にタイムオーバーになる。

何とか時間ピッタリに終了。

オリエンテーションのご案内をし、
申込書を自由に取れるようにしておく。
うれしいことに21人の人から申し込みがあった。

博多南幼稚園の園長先生も、
園の保護者会の方に推薦してくださると言ってくださった。

やった〜!

さっそく、オリエンテーションの計画をしよう。

2月、3月の予定が詰まってきたぞ〜!
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

早良市民センターで子育て応援講座

城南市民センターと時を同じくして、
早良市民センターでも講座を開催します。

早良市民企画講座
あなたの子育て応援講座

第1回 1月28日(金)
 『「大人(親)」と「子ども」どこがちがうの?〜日頃の親子関係を見つめ直す〜』

第2回 2月18日(金)
 『やる気を育む言葉かけ〜勇気づけの4つのポイント〜』

第3回 2月25日(金)
 『子どもの声は聴こえていますか?〜心の壁を作らないコミュニケーション〜』

第4回 3月4日(金)
 『どう渡す?子どものこづかい〜心を育てる金銭教育〜』

早良での私の担当は第2回。
第4回の金銭教育は、ワークショップ形式で前原のリーダーが担当する。

先日、担当の方から、40名の定員をはるかに上回る申し込みがあったとのこと。

会場に余裕があるので受け入れましたと報告を受けた。

うれしい!メンバーで喜び合った。
…が、そうなるとこちらの準備が大変になる。

さっそく会場を下見に行き、
アイスブレーキングをどうするのか、
グループ分けをどうするのか、
机と椅子の状態はどうなのかを確認する。

担当の方から「さすがですね〜。」とお褒めの一言。

いよいよ迫ってきた2つの講座。

来期につながるようみんなでがんばるぞ〜!
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

城南市民センターで「子育て講座」

昨年からのご縁で開催が決まった「子育て講座」

『今日から、あなたの子育てが変わる
思春期を乗りきる!! 子育て仲間づくり講座』

城南市民センター主催で今月から来月にかけて3回シリーズ。

第1回 1月26日(水)
 『子どもの勉強、進路が心配な時〜親がすべきこと、してはいけないこと〜』

第2回 2月9日(水)
 『子どもと話す「お金」のこと〜「こづかい」を使って自立と自律を〜』

第3回 2月23日(水)
 『上手に子ばなれ、親ばなれ!〜自立を支えあう親子関係と仲間づくり〜』

各回とも10時〜12時の2時間。
1回目と3回目はワークショップ形式。
2回目は私が担当で、講演会形式。

申し込み締切りは21日(金)だったけれど、
余裕があればギリギリまで受け付けてくださるそうだ。

今、第1回目のシナリオをこの日の担当を中心に、作り上げてるところ。

シナリオ作成の時間も学びの時間。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

AP読書会

先月から新しい本になった。

『子どもを救う「家庭力」』臨床現場からの提言。
須永和宏 編著

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
生きづらい時代、
子どものこころの叫びがきこえますか?

子どもを見守るあたたかなまなざしが、こころの扉を開きます。
すべての子どもの豊かな育ちに、「家庭力」づくりを提言します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

この本にはちゃんと、
非行や少年犯罪は悪質化しているわけではなく
犯罪数も減っていると書いてある。
これらのことを、多くの人は誤解しているので、
子どもに対する取り組みを間違うのだといつも感じている。

今日、読み合わせたところにも、とても興味深いことが書かれていた。

単独型重大事件を起こす少年には3つのタイプがある。

(1)幼少期から問題行動を頻発していたタイプ
(2)表面上は問題を感じさせることのなかったタイプ
(3)思春期になって大きな挫折を体験したタイプ

それぞれのタイプに対応する家族の特徴も指摘されている。

(1)親自身に余裕がなく(経済的、精神的に)、「しつけ」と「虐待」をはき違えている。

(2)両親は揃っているものの、家族間でのコミュニケーションに乏しく、
   夫婦の絆も弱い。また、家族の過剰な期待もうかがわれる。

(3)表面的には大きな問題がみられないが、
   親が少年の良い面しか見なかったり過大評価してしまうため、
   ひとたび少年が挫折した場合、それに対応できない。

APでいう、『放任的タイプ』と『独裁的タイプ』の親の特徴を表していると思った。

その他にも問題を起こす家庭の親の特徴があげられていた。

いずれもAPを学べばそうならないことばかり。
「だから、AP学んでほしいんだよな〜。」とあらためて思う。

これらのことは、講座やフォローアップで伝えていきたいし、
講演会でも活かしていきたい。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

レジュメ作り

来週から講演会が次々に予定されている。

レジュメ作成の最終段階。

21日に予定の福岡市私立幼稚園連盟の分と、
27日に予定の古賀市教育委員会の分の仕上げに入る。

久しぶりの講演会。
内容も新しいものを入れるため、
練習も必要。

時間配分も確認しつつ講演の勘を取り戻す。

今後につながる可能性のある講演会。
絶対に成功させたい!
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

打ち合わせ・2校

2月から3月にかけて高校で予定されている講演会の打ち合わせ。

どちらも私にとっては新規の高校。

1つは大分県の高校で、ライフプランの作成を希望されているという。

もう1つは北九州市の高校で、進路ガイダンスで「働くこと」を考えさせるもの。

大分の高校は講演会とその後のライフプラン作成のために、
添削作業やクラスごとの最終授業までが予定されており、
かなり内容が濃いものになる。

初めての依頼内容なので担当の方としっかり打ち合わせが必要だ。

高校側の要望は理解するものの、
時間が限られた中で、どこまでできるのか。
しかも相手は高校生。
まだ、自分で生活することすら経験していない彼らに、
将来のことをイメージさせ、
そこに関係する資金計画をさせることはとても難しいだろう。

どうすればいいのか。

う〜ん、困った!という気持ち。

ただ、大きなチャンスなので、
しっかり考えて、満足いくものに仕上げたい。

がんばるぞ〜!!
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

出産祝い

いとこに孫が生まれた。

母と長女と次女を伴って、いそいそとお祝いに出かけて行く。

娘が2人いるいとこにとっては2人目の孫。
次女が先に生み、今回は長女の子ども。
1人目の孫は男の子で、今回は女の子。

いずれにしても赤ちゃんはかわいい!

前日、次女と着る物を考える。

「抱っこした時にチクチクしない素材がいいね。」
「よだれをつけられても困らないように、
 パーカーを持っていこう!」
「…まだ、そんな心配は必要ないと思うけど…。」

昼過ぎに病院へ。
ご主人とお友達の母娘さんがいらした。

初産だったけれど、安産だったらしくいとこの子はとても元気。
けれど「どうやって抱っこしていいのかわからん〜。」とのこと。
周りがヒヤヒヤしている様子。

新米パパは終始ニコニコ。
「なんか顔に品がありますよね。」
「この子が、『パパ嫌い』とか言うようになったらどうしよう。」
「結婚するとか言われたら、相手を追い返しますよ。」

もう、笑うしかない。

幸せオーラ満載で、
たっぷり私たちも幸せ気分になった。

2月まで実家で過ごすという。
また、会いに行くことを約束して帰宅。
みんな、ニコニコで幸せな一日だった。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

SGのグループ研修会。

昨日は、FP(ファイナンシャルプランナー)のSG(スタディグループ)主催の研修会。
メンバーを3つのグループに分け、それぞれのグループが年間2回の講座を担当する。
今回は私が所属するグループの講座の日。

10月から打ち合わせをし、
決まったテーマは『FPとして金銭教育を考える』。

各人がアイデアを持ち寄り、
全員参加型の講座に仕上げた。

私が担当したのは、『時代の変化と問題点』『自己責任の時代』についてだった。
もらった時間は20分。
ところが、半分くらいの時間でしゃべり終えてしまい、
あとにたくさん時間を渡してしまった。

幸い、仕事仲間のなみこさんとゆうこさんが、
最期の部分の担当者。
ここは、参加者からの意見も引き出すところだったので、
時間調整をしていただいた。

ただ、なかなかビジネスとして実現していくことは、
厳しい状況にあるということはわかった。
新たなキーワードも出てきて、
ひょっとしたらひょっとするかも…の話もありだった。

入れ代わり立ち代わりの講座は賛否両論あったけれど、
なんとか終わったホッと一安心。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

2010年12月の学び

コミュニティワーカー養成講座。
12月は3回開催で、私はそのうち2回受講。

2回といっても同じ方の講座を丸2日間。
佐賀スチューデントサポートフェイス代表の谷口仁史さんの、
アウトリーチ・多面的アプローチ講座。

不登校や引きこもりの若者をいかに社会復帰させるかを、
大きな情熱と行動力を持って実践している方。

谷口さんの講演で心に残ったのは、
『受容万能論』の危険性。

下手をすると本人が「見捨てられた」と思い、
退行後、暴力が始まることがあるという。

心しないといけないなと感じた。

変わった学びとしては、
お仏壇のはせがわの方から
現在の葬祭事情についての講演を聞いた。

父のこともあったために、
とてもよく理解ができた。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

2010年11月の学び

先月からのコミュニティワーカー養成講座は、
11月には5回開催された。
私が出席できたのは、そのうち4回。
1回目と2回目はあしなが育英会の西田正弘さんによる、
『グリーフワーク・ファシリテイター』養成講座。
6日と7日のまる2日間を使っての講座だった。

23日の午前中はエイズ・ワーカーズ・福岡の北村紀代子さんの、
『子ども・若者の性に向き合う』という講演。

セクシャルマイノリティーの人が世の中には2%いるという。
つまり、
@レズビアン
Aゲイ
Bバイセクシャル
Cトランスジェンダー
Dインターセックス
という人達だ。
アメリカの調査だと、6%だという。

私はかなり多い数字だと感じた。
2%だとして、娘の中学校の1学年に5〜6人はいる計算。

友達にはもちろん、親にも相談しにくい状況というのは、
本当につらいだろう。

『子どもをありのままに認める』

APでもよく使う言葉。

この言葉の重みをこの講座を聞きながら感じていた。

午後はキャンパスセクハラネットワークの森川晴さんの、
『スクールセクシャルハラスメント』という講演。

スクールセクハラが『どこで』行われているか。
→小・中・高校・幼稚園・保育園・塾・英会話教室・スポーツクラブ等
(大学・専門学校はキャンパスセクハラという。)

『誰から』受けるのか。
→先生、管理職、教育委員会、スポーツ指導者、
 塾講師、教育実習生、保護者、児童生徒等から。

『誰が』受けるのか。
→児童生徒、生成、保護者、教育実習生等が。

学校の中の支配・従属関係がスクール・セクハラを呼び起こす、
つまり、権威、権力などによる力関係が働くということ。
教職員→生徒
管理職→一般教師
正規職員→非常勤嘱託
年上→年下
男性→女性
先輩→後輩
等々だ。

これらが拒否できない力関係となって起こってしまう。

家族の中の親子関係も全く一緒だな〜と思う。

これ以外の学びとしては、
4日の夜に『茂木久美子』さんの講演会を聞いた。
山形新幹線「つばさ」の車内販売員。
『車内販売のカリスマ』と称される彼女は、
通常東京−山形1往復における1人あたりの平均売上は10〜12万円のなか、
茂木さんは1往復半で50万円を達成した経験があるという。

その販売のコツや工夫を話してくださった。

あったかみのある山形弁で、とても楽しい講演会。
「なるほど〜。」と言える話がたくさんあった。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

2010年10月の学び

子どもの権利条約@ふくおかが主催する
『子ども・若者コミュニティワーカー養成講座2010』を
10月から受講している。

10月には3回の講座があり、
私はそのうち2回に参加した。

10月10日に福岡いのちの電話の中河原史子さんによる、
『こころを受けとめるということ』という講演。
中河原先生の講演はこれで3度目だろうか。

とても素敵な先生。
おそらく私の母くらいの年代の方だろうけれど、
とても素敵な女性だ。

実はこの日、次女を同伴していた。
そのため、午後の講座は聞けなかったけれど、
次女は、すっかり話に聞き入ってしまい、
最期のアンケートをびっしり書いていたのにはこちらがびっくり。

2回目は10月24日に障害者就労継続支援施設和楽えのきの大山和宏さんで、
『地域で精神障害の若者を受けとめる』という講演。
障害を持っている方とどう関わればよいのか。
援助する側の支援で重要なのはやはり相手の話を『聴く』こと。
アドバイスや答を援助者が持っていて、
それを与えることではないということだった。

『聴く』ということの力。
共通のテーマはそこだ!

あと、もう一つの学びは、
エフコープのくらし見直し委員会LPA活動主催の、
『あなたの家計から貧乏神を追い出せ!』というタイトルの講演。
講師は「家計の見直し相談センター」代表の藤川太さん。
もちろん、ファイナンシャルプランナー。

私がファイナンシャルプランナーになるきっかけになったのは小野瑛子さん。
エフコープ主催の小野さんの講演会に参加したのがきっかけのようなもの。

今私が、FPとして仕事をしているのも彼女のおかげだと思っている。
その小野さんが立ち上げた「家計の見直し相談センター」の代表をしている方。
LPAだった時に何度かお見かけしたことがあった。

最近ではメディアで見かけることも多く、
「頑張っていらっしゃるな〜。」と思っていた。

同じことを言うのにも、
人が変われば切り口が変わる。
とても興味を持って楽しく聞けた講演会だった。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

2010年まとめB12月

12月は、1日に熊本の高校へ。
以前に伺った高校の先生が転任され、
その高校の講演会で私を指名してくださった。
本当にうれしいお仕事。

大きなイベントとしては、母と妹の3人で、
湯布院と久住を旅行したこと。
考えてみれば、初めてのことだった。

父のことで、色々あった1年間。
それだけでなく、
家族だった時から、
結婚後、3家族になってしまってからのことなど、
話が尽きることはなかった。

色々と気持ちが行き違っていた部分や、
子どもの時して欲しかったことや、
してほしくなかったこと。
私を心配して行動を制限することより、
信じて任せて欲しかったことなど、
APを学んだからこそ理解できた自分自身の気持ちなど、
かなり突っ込んだ話もすることができた。

おかげで寝不足にはなったけれど、
心はすっきりして、
より良い関係が築けそう(^^)

あとは、和白でのAP講座。

10月から始まっている
『子ども・若者コミュニィティワーカー養成講座』の報告はまた次回。

年末にある人と仕事の話。

個人で頑張っている友人。

県の要請を受けて大きな仕事をすることになるという。
その一部に私のAP講座をいれようと考えてくれていた。
とてもうれしく、有難い話。

今、内容を考え中!
楽しみな2011年になりそう。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

2010年まとめA11月

昨日の続き。

2010年11月を振りかえると、
中心になるのは博多市民センターでのセミナーだろう。

5回セミナーの残り3回が11月にあり、
回を追うごとに参加者の感想もよくなり、
途中、ケーキの差し入れをいただいたり、
「このセミナーを受けて私の人生が変わりそうです。」
という、とてもうれしい感想をいただたいたりで、
講師の3人にとっても大満足のセミナーになった。

高校へは2校。
1校は宮崎県の阿久根市にある高校。
親子関係の話もたっぷりさせていただく。

もう1校は、東福岡高校。
もう、何度も呼んでいただいているこの高校で、
中学生の保護者のために開催されたオープンスクールで、
将来のための進学にかかるお金の話や、
奨学金や教育ローンについて話をさせていただく。

もちろん、APの話も忘れずに入れた。

コミュニケーションの壁のワークでは、
私の目の前に座っていらした学校長にも協力していただき、
楽しいワークになった。

参加者の中には知り合いもいて、
ちょっぴりドキドキ。
でも、やさしい笑顔で励ましオーラを送ってくださっていたので、
無事、乗り切りました!

月末には、APのリーダーで還暦を迎えた方のお祝いを兼ねて、
1泊2日の温泉旅行。
初めての試みで、とても楽しい時間になった。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

2010年まとめ@10月

書きそびれていた2010年の振りかえり。

10月の出来事。

2日と5日のことは書いた。

和白でのAP講座が1回と小田部のAP講座が2回。
転勤する方がいて、
小田部の講座は週1ペース。

その他には博多市民センターでの5回講座がスタートした。

FP仲間の菜実子さんと祐子さんと3人で企画した講座。
ハッピーライフプラン講座の1回目と2回目が開催された。

初めての試みだったけれど、
とても楽しい講座になった。

毎回、担当を決め、または3人で講座を構成する。
1人でも講座ができるメンバーの力をあわせて作る講座は
とても内容の濃いものだった。

1回目は菜実子さん担当。
2回目は祐子さん中心にゲームで家計管理を学ぶ内容だった。

毎回、博多市民センターの館長さんが参加してくださった。

また、個人的には古賀市教育委員会の社会教育課 社会教育係の方から、
来月の講演以来を受ける。

宇美町で行ったセミナーのチラシをご覧になったとのこと。

活動がこういう形で広がるのはとてもうれしい。

父の50日祭も無事に終えた10月だった。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

断捨離

昨年末、NHKのクローズアップ現代を見て、
さっそく本を買って読み、
年末に実行した。

ここ数年、物を増やさないことを心がけては来たけれど、
まだ、精神的なところで捨てきれないものがあった。

その代表選手が結婚以来、つけ続けた『家計簿』。
途中、数年途切れた以外はきっちりつけていたので、
20冊以上あった。

何だか、頑張った『証』のようで、
これだけは絶対に捨てられない物のように感じていた。

けれどそれを今回、きれいに捨て去った。

それではずみがつき、台所に埋もれていた、
使い切れないプラスチック容器をかなりの勢いで処分。

便利だからと調子に乗って買い過ぎていたわが身を深く反省する。

また、子どもたちの思いでの品もかなり処分。
本や洋服も山盛り処分した。

『今の自分』にとって『必要なモノ』『適したモノ』『心地よいモノ』
であるかどうかが『断捨離』の基本の考え方。

あと、もう少し残っている今の私にとって、
『不要』で『不適切』で『不快』なものを断捨離しよう。

すっきりしたキッチンを見て、あらためて決意を固めた。
posted by つるちゃん at 20:08| 福岡 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

明けましておめでとうございます!

2011年が始まりました。

昨年末は、ブログ更新を怠ってしまいましたが、
今日から心機一転、更新を再会します。

今年のお正月は母が初めて一人きりで過ごすことになるので、
大晦日から娘2人を連れてお泊まりにいきました。

30年住んでいた宗像の一戸建てから前原のマンションに引っ越して、
考えてみれば、私は一度も泊まったことがありませんでした。

30日から作り始めたおせちを持参し、
夜、母の元へ。

年越しそばとあり合わせのもので夕食をすませゆっくりと過ごす。

今日は、妹一家とわが家の男性陣も加わり、みなでお正月。

父を偲びつつ、みんなで楽しい時間を過ごした。

夜、長女の運転で帰宅。
一気に酔いが醒める。

「無事に着いたよ。」と母に電話。
「来てくれてうれしかったよ。」と言う母の声は、
ちょっぴり寂しそうだった。

また行くからね、お母さん!

みなさん、今年もよろしくお願いします。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。