2010年07月10日

アミカスワークショップ(2日目)

今日はアミカスの市民グループ活動支援事業の2日目。
『より良い親子関係は家庭力を高める』のワークショップで、
今日は『イライラをやめたい、やめさせたい』という内容で開催した。

参加者は前回よりも若干多い11名。
リーダーも活気づく。

今日は土曜日なので、わが家の次女がついてきた。
参加者の方の中にも子ども連れの方がいて、
幼児期〜学童期(低学年)の子が3人。
そこもテーブルを出し、居場所を確保。
なんとそこにはAPジャパンの野中さんがついてくださった。
始まる前に「今から、お母さんたちは勉強する時間だから、
ここにいる間は静かにしようね。」と子どもたちとお約束。

ワークショップはスムーズに進み、
子どもたちのチームも楽しそう。
途中、退屈した子どもたちと部屋の外へ出ることもあった。

大人たちのワークの時間に子どもたちもワークをしている。
「お母さんがイライラするのはどんな時?」
「どんな時にいやだな〜と思う?」という具合に、
野中さんが子ども相手にワークをしていらした。

一通りプログラムが終わりまとめに入る時、
その日の全体リーダーが「イライラしているのは、誰ですか?」という問いかけに、
子どもの1人が「それは、お母さんで〜す!」と絶妙の返答。
会場は大爆笑で、とても素敵な雰囲気が生まれた。

各グループのまとめの発表で野中さんからも報告がある。
「子どもたちはしっかり感じて、何でもわかっていますよ。
ちゃんとワークにも参加してくれて楽しい時間が持てました。」

こんな小さな子どもにはなんにもわかっていないはずというのは、
大人の勝手な思い込み。
子どもは何でもわかっていると思っていい。

大人が自分の都合でイライラを子どもにぶつける時、
それは子どもにはお見通しだということを、
もっと大人は知っておくべきだと思う。

子どもたちのおかげで、とても楽しい時間になった。

託児なしもこういう展開があるのならいいのかも、と思った。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

和白でAP講座C

和白でのAP講座も4回目になった。

今日から『勇気づけ』のところ。
他人の子には言わないようなことをわが子には平気で言う親。
大切なはずの子を平気で傷つけ、勇気をくじく。

「人の気持ちを考えてみてごらん!」という親は、
自分の子の気持ちを考えずにあれこれ発言する。
手を出し口を出す。

子どもをしっかり見守り、必要な時に子どもの話を聴く。
これさえできればかなりのことは上手くいく。

大人が『上』で子どもが『下』ではないのだから。

でもここを理解してもらうのはとても難しい。

親からしてほしいのは『心配』ではなく『信頼』。
いつまでも「あなたが心配よ。」というメッセージは、
子どもを励ますことにはならないのだ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
夜、SMI・西地区勉強会改め、『GWR(Growing West Region)』。
西方面の中学校や高等学校の先生を中心に9名が集まって勉強会。
会場は西陵中学校。
私が奨学金の講演会に行った高校の先生も数名。
アスリートワイズのYさんも、若い社員を連れて参加されていた。

後半は西陵中学校の陸上部の顧問、T先生の話。

全国大会の常連にもなりつつある。
その指導の根底にはSMIを使ったメンタルトレーニングがある。

「心構え」がいかに大切か。
そして心をあわせたチーム作りがどれほど影響するのかなど、
具体的にお話ししてくださった。

そして最後は福岡農業高校の先生の話。
高校の正門前の桜並木。
同時期に植えられたにも関わらず幹の太さが全く違うのだ。
その原因がどこにあるのか!

驚きの写真と共にその原因を教えてくださった。
「う〜ん、まさに子育てと同じ!」という感じ。

知りたい人はお声かけください。
写真も持ち歩いていますので、お教えしますよ♪

というわけで、今日も充実の一日。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

市民企画講座の打ち合わせ

博多市民センター主催の市民企画講座に、
『HAPPY FAMILY SUPPORT FP』仲間のなみこさんが応募して、
いくつかの企画の中から、私たちのものが採用された。

今日はその打ち合わせ。

9時に博多駅で待ち合わせ、事前の打ち合わせ。
3人でそれぞれ自分のプロフィールを持ち寄り、
こちらの希望をどう伝えるかの確認をして出かけていく。

担当の方は初めてこの企画を担当されるということ。
10月の後半から11月にかけて、
平日の午前中、託児付きで案内をしてもらうことになった。

内容はこちらでもう少しつめて、
チラシの原案を今月中に作り上げることになる。

この日を迎えるまで2人に頼りっきりだった私は、
チラシ作成をすることにした。

頑張るぞ!
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

アミカスでワークショップ

アミカスの市民グループ活動支援事業の第1回目。
『より良い親子関係は家庭力を高める』のワークショップで、
今日は『子どもの反抗をどうする?』という内容で開催した。

今回の参加者はびっくりの4人。
申し込みは7名だったけれど、
子どもを抱えている方たちなので、
どうしても当日のキャンセルは起こる。

スタッフの方が多い。

圧迫感を与えても悪いので、
あえてスタッフのネームは受付とグループリーダーだけにして
他のものはグループに入ることにする。

けれどこじんまりした集まりはそれなりにいいもので、
ゆっくりと話を聴くことができた。

少ない人数だからこそのメリットはある。

色々な広がりもでき、
講座にもつながった。

秋以降、講演の予定がある学校の担当者の方も来てくださっていた。

実りの多い時間。

10日(土)にも、残り1回のワークショップ。
『イライラをやめたい、やめさせたい』がある。

まだまだ、参加枠には余裕があります。

お申し込み、受付中で〜す♪
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

懐かしい人との会食

長女が小学校に入学してから、始めた事が3つあった。

一つは生協の地域委員。
2つ目は入力の仕事。
3つ目は家庭学習教材の配本・集金だった。

家庭学習教材をこの地域で広める拠点の会社を経営している社長は、
『○○○○(教材名)のおじちゃん』として親しまれていた。

子どもたちのことが本当に好きで、
どの子にも優しく語りかけ、
配本先のお母さんたちの相談相手でもあった。

教材を利用し始めてほどなく仕事として私自身が配本を始めた。

その中で、その社長はもちろん奥様とも親しくなり、
毎月の会議で子育てに関する多くのことを学び、
顧客が増えるに連れて、『リーダー』の役割もいただき、
その頃、一緒に頑張っていた友人にSさんと一緒に、
全国大会にも数回、連れて行ってもらった。

次女が生まれ、私自身も他の活動が深まっていくなかで、
配本の仕事は止めて、利用者としてのつきあいだけが続いていた。

この春、社長は仕事を終えられた。

久しぶりにSさんに連絡を取り合い、
今日、奥様もまじえて4人でランチを囲むことになった。

当時、小学生だった私とSさんの子どもたちはみな成人し、
それぞれの道を歩き始めている。

APを学ぶ前だった私は、本当にたくさんのことを社長から教えていただいた。

懐かしい思い出を話し合いながら、
楽しい時間はあっという間に過ぎる。

「これからも、こういう時間を持ちましょうね♪」ということで解散。

親以外に、こんなにも子どもたちの成長を喜んでくださる方がいらっしゃる。
間違いなく、この方たちにもわが子は育てられたんだな〜と思った。
幸せな人間関係があることを本当にうれしく感じられた日だった。
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

次女と天神へ

期末考査も終わり、久しぶりに次女と天神へ。

出かける前、いきなり勉強を始める次女。
「昨日の勉強ではちょっと足りないと思う。」
あくまでも前向きだ。

午後2時出発。

地下鉄まで夫に送ってもらい天神へ。
切符売り場でICカードにチャージ。
その後、一日乗車券(乗り放題500円)を購入して天神へ。

お目当ての品物があるコアへ向かう。

ところがその商品は売り切れとのこと。
目に留まったその時に買わなかったことを悔やむ次女。

気を取り直して各階を見て回る。

ジーンズのベストと花柄のスカートをゲット。
ベルトとショートパンツも目をつけたものがあったけれど、
試着の結果、断念。

1年間の被服予算の残高が残りわずかだということに関して、
「絶対、今までのほうがたくさん買っていたのに…。」と予算制度に対して批判的な次女。

しばらく座って話し合い。

ようやく納得して家へ帰ることに。

地下鉄の室見駅へは長女がお迎えに来てくれた。

色々あったけれど、大満足の表情になっている次女。
いい感じだな〜♪
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

橘香館高校で講演会

今日は、長崎の橘香館高校で講演会。
今回で4回目となる。

いつもやさしく出迎えてくださる担当の先生。

今回、参加人数は多くはないけれど、
とても熱心に聞いてくださる保護者ばかりで、
「コミュニケーションの壁」のワークにも協力的で、
とても気持ちよく話ができた。

終了後、しばらくの間、質問する方のために控室で待機。

その時、先生が講演の感想を言ってくださった。

「先日、子どもたちにアンケートをとったのですが、
『親が話を聞いてくれない。』という解答が多く、
今日はちょうどその話をしようと考えていたので、
講演内容はバッチリでした!」

具体的に役に立ったことがわかるというのは、
講演者にとってとてもうれしいことだ。

通常、保護者が「子どもの話は聞いています。(コミュニケーションは取れています。」
という場合でも、
多くは保護者の方が一方的に話をして、
コミュニケーションをしたつもりになっていることが多いと思われる。

そういう意味ではコミュニケーションの壁のワークは役に立ったのだろう。

往復3時間の道のりは、
キッズの女性とAPがらみの話で盛り上がる。

親子関係にとどまらないんだよね〜APは♪
posted by つるちゃん at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。